NHKマイルカップ クラシック路線からきた馬が好成績

ミスエルテ
今週は3歳マイル王を決めるNHKマイルカップの開催

去年はメジャーエンブレムという実力が抜けた馬が
いたので予想は簡単でしたが
今年は混戦模様でなかなか難しそうです

出走メンバーを見た時はモンドキャンノが勝つだろうと思ったけど
JRAのHPに書いてある過去データとかを見てると
他の馬達のほうがいいのかなって思えてきます




















先週の東京・芝レースは時計の速い
高速決着が起きる馬場状態でした

青葉賞ではアドミラブルがレコードを更新しましたが
2着馬だったベストアプローチもコースレコードを上回っていました

ベストアプローチは近走での重賞でも詰めの甘さから差し切れなかった馬
そんな馬が従来のレコードタイムより速く走れたのは
馬場の恩恵も大きかったはず


過去の傾向から青葉賞の時計が速かった年のNHKマイルカップは
すべて時計の速い高速決着となっています



高速勝負となると1つの目安として
持ち時計の速さがポイントになります

今年の出走馬で一番速い持ち時計の馬は
アエロリット

アドマイヤミヤビとマッチレースを演じた
クイーンカップでのタイムですね

アエロリットの父はクロフネ
ヴァイスリージェント系の血を引いています
ヴァイスリージェント系はこのレースと相性がよく
時計勝負にも強いスピードタイプが多いですね


持ち時計は走ったコースや当日の馬場状態で
差がでてくるのでこれだけで考えても
なかなか当たりません
持ち時計を短縮してくる馬がいるからです


カラクレナイ
重たい馬場の桜花賞で1.34.7というタイムで走っています
当日の馬場差がだいたい1秒くらいだったので
それを考えるとアエロリットの持ち時計にもかなり近くなりますね

父はローエングリン
高速勝負にも強かった馬


モンドキャンノ
持ち時計1.35.5は2歳時に朝日FSを走ったときのもの
当時よりは強くなっているだろうし大幅に時計を詰める可能性もあり
東京コースでは距離は1400Mだったが
桜花賞馬レーヌミノルに勝利した馬
今回は乗りなれたルメール騎手が騎乗

早くからNHKマイルカップを目標に調整されていて
前走スプリングSは完全にココへの叩き台
(一説には馬主達に皐月賞参戦を諦めさせる為に
あえて前目の位置を走らせて距離が持たないことを
伝えた、とも言われています)


他にもアウトライアーズプラチナヴォイス
レッドアンシェルなどもローテーションが良く人気もでそうですね



早くからココを目標にしてきた有力馬では
ボンゼルヴィーソ
重賞で4戦連続の複勝圏内に好走している馬
状態もいいらしく展開次第では逃げ切る可能性も十分にあり


個人的に注目している馬は2頭います
ミスエルテ
池江厩舎管理の馬で
同厩舎は層が厚いため使い分けが行われており
早い段階からココを目標とされていました

ミスエルテの近走成績を見てみると
やはり軽い芝の高速勝負でこそ強さを発揮できる馬と推測できます
軽い高速芝では上がりタイム33秒台で
差し切って勝っています


穴っぽいところで気になるのは
リエノテソーロ
この馬はホントは桜花賞にでる予定だったのですが
なんと登録するのを忘れていたらしいですw

芝ではまだ底を見せておらず
血統的にもマル外でミスプロ系という
高速勝負にも強そうな馬




NHKマイルカップというレースは
一番人気が飛ぶときは大荒れになるという過去傾向があります

予想オッズではカラクレナイが1番人気なので
この馬が馬券外になると予想するなら
思い切って普段の予想から外れる馬ばかりをあえて買うのも
面白いかもしれませんね~












競馬ランキング

競馬ブログランキングへ



関連記事







DVD/CDレンタル DMM.make DISPLAY   

コメント

非公開コメント