FC2ブログ

ヒーローのクレージー馬券術

高配当狙いで穴馬を探す競馬予想ブログ

天皇賞・秋 予想 

オールカマー2018

今年の天皇賞はG1馬が7頭出走しますが
中でもスワーヴリチャードとレイデオロの2頭が
頭1つ抜けた強さと評価されており
今週もデムルメ馬券で決まりそうな空気になっています。










東京11R 天皇賞・秋




天皇賞・秋の予想をする際に重要となるのが
ココを狙って仕上げてきているのか?
この後のJCや有馬記念まで走る事を視野にいれた仕上げか?

天皇賞・秋の賞金が1.5億に対しJCは3億、
そして種牡馬としての価値を上げるのも
ジャパンカップの勝利実績のほうが上のようなので
中距離馬で強い馬はジャパンカップのほうを優先する事が多いです。

人気馬ではスワーヴリチャード
おそらく天皇賞・秋とジャパンカップか有馬記念の2冠狙い。

レイデオロはジャパンカップには
アーモンドアイがでるのでルメール騎手を確保できないし
オールカマーで一叩きしている事からも
ココを狙って仕上げてきているんじゃないでしょうか。
調教で一頓挫あったのはちょっと不安点ですが。



他の有力馬では
状態良化してきたマカヒキ
友道厩舎の勝負パターンである天栄帰りで
乗り込み量も多くココを勝とうとしている感じがします。

アルアインは明確にココを狙っている1頭。

ステファノスもココ狙いで
藤原厩舎得意の本番前の一叩きで状態上げて出走してくることでしょう。
馬齢だけで軽視するにはちょっと怖い1頭。

サングレーザーはモレイラ騎手を手配してきた事からも
勝負掛かりのようにも見えますが調教指数の低さや
距離適性などからもココ目イチではないような気もします。

キセキ
ミッキーロケット
ヴィブロス

この辺りはなかなか見極めが難しいですね。





今年は逃げ馬がいないレース。
先行馬も少ないですね。

スローペースになりそうな感じです。
スローペースになった場合は
先頭集団と後方追走組の距離が離れていれば
前を行く馬の脚も残ってる為
前残り決着になりやすい。

もしくは直線まで馬群が固まっていれば
ヨーイドンの瞬発力勝負になりやすい。
先週の菊花賞のような感じですね。


どちらにしてもペース読みに長けて
状況に応じて早めに動く事ができる
ルメール騎手とミルコ騎手に隙は無さそうに見えます。

スワーヴリチャードとレイデオロ、
両馬共に早めに動いて勝利した実績もあります。



アルアインは今回のメンバーなら自然に
いいポジションを取れそうです。
瞬発力タイプではないですが
ディープインパクト産駒だし
スローペースで流れればいい位置から
速い上がりも使えるんではないでしょうか?



というわけで予想は
位置取りで本気度を重視してアルアインです。



◎ ⑦アルアイン
〇 ④レイデオロ
▲ ⑤スワーヴリチャード
△ ⑥マカヒキ
☆ ①ステファノス



土曜から短期免許できたオドノヒュー騎手。
有力馬が多かったとはいえ上手い騎乗でしたね。
もしかしたらステファノスを上手くエスコートしてくれるんではないかと思い
印をつけておきます。


Comment

Add your comment