京都2歳ステークス 前日予想

ハーツクライ

今週はずっとジャパンカップ関係のブログ書いてますが
重賞前日ということで京都2歳ステークスの予想します

このレースはハーツクライ産駒が強いイメージがありますね
他にもハーツクライと産駒の適正が似ている系統
マンハッタンカフェ産駒やゼンノロブロイ産駒やアドマイヤジャパン産駒などが
ここ数年で馬券になっていますね
2歳のこの時期の2000はスタミナ適正が強く影響するのかも知れません










今年のハーツクライ産駒は2頭
ワンダープチュック
アダムバローズ

同コースの紫菊賞の1着馬と2着馬
やはりこのコースの適正は高いんでしょうね

ソーグリッタリングは池江厩舎の馬で
前走は休み明け+12kgでなかなか強い勝ち方
休養中にしっかり強くなってレースに戻ってきた

超良血でサンデーレーシング期待の1頭
ヴァナヘイム
デビュー戦はもったままで大楽勝
2戦目も楽勝するかと思いきや まさかの差し届かず
実は先のことを考えてあえて多少苦しい競馬をさせたかったとのこと
逆に考えれば多少ハンデあたえても勝てると考えていたんでしょうが
そのレースで勝ったプラチナヴォイスは侮ってはいけない相手でしたね
賞金も欲しいでしょうから今回は真剣に勝ちにくることでしょう


というわけで印は

◎プラチナヴォイス
〇アダムバローズ
▲ヴァナヘイム
△ベストアプローチ
×ソーグリッタリング



プラチナヴォイスは北海道で新馬戦・未勝利戦と出走して勝てず
しかし実はそのころから強い馬だということが一部には知れ渡っていた馬です
2走前でその高い能力を見せつけてレコード勝ち
前走は超良血のヴァナヘイムとの対戦でしたが
厩舎は「普通に勝てる相手」とレース前から断言していました
実際にレースではヴァナヘイムの存在なんか無視するかのように
先行して直線入口でムチ1発
楽に抜け出してそのままどんどん差を広げていき
唯一付いてこれたのヴァナヘイムだけ
差を詰め始めたのは和田騎手が若干追うのを加減しはじめた位からに見えました
今の京都はエンパイアメーカー産駒も好走してますしね
ちょっと気になるのが京都の芝が22日に刈られている事ですが
前々走・前走の強い勝ち方を見るに問題ないでしょう
ちなみにプラチナヴォイスは予定ではホープフルSに行くはずだったのですが
あまりにも具合がいいのでこのレースにでてくるようです
そして当然のように勝ってホープフルSに行く算段のようですね
強気すぎるとこは心配ですがw


対抗がアダムバローズ
ハーツクライ産駒で今回ブログで取り上げた気になる2頭に勝っている馬

ヴァナヘイムも もちろん買います

あとベストアプローチ
名伯楽・藤原調教師が今回けっこう強気です
気性も安定している馬とのことで先のことを楽しみにしている1頭との事

ワンダープニャック・カデナも気になるのですが
当ブログでは基本5頭にしか印つけてないので残念ながら漏れてしまいました (*´ω`)




 ハーツクライ 〜魂の豪脚で世界の頂へ〜


 ジャスタウェイな本 世界最強馬との1640日




関連記事







DVD/CDレンタル DMM.make DISPLAY   

コメント

非公開コメント